新型Xbox360 4GBに旧型のHDDを換装する

newxbox360slim_oldhdd_swap.JPG

前述の通り、旧型Xbox360がRRoDで完全に故障してしまったので、「新型Xbox360 4GB」に買い換えました。

かなり急な出費で出来るだけ出費を抑えたいので、250GB+HDD転送ケーブルではなく4GBを選択。旧型のHDDを換装してそのまま使うことに。

YouTube動画を参考にする

用意するもの

  • トルクスドライバー T-6, T-10
  • クッション材(スポンジ、ウレタンなど)
  • ホットボンド(無ければ両面テープなど)

作業開始

newxbox360slim_oldhdd_swap-2.JPG

まず、T-6のトルクスネジを外します。

newxbox360slim_oldhdd_swap-3.JPG

プラスチックのカバーを開けると、T-10のネジでHDDを固定しているのでこれを外します。次に、メッキのカバーを取り外してHDDをスライドさせて取り出します。

newxbox360slim_oldhdd_swap-4.JPG

そのままでは隙間が空いてプラプラしてしまうので、クッション材をホットボンドなどでHDDに貼り付け。

newxbox360slim_oldhdd_swap-5.JPG

HDDの差し込みは、電源ケーブルを抜いた状態で行うこと。

新型Xbox360の底にあるHDD差し込み口を開けて、コネクターの形を確認してからHDDを差し込みます。まだ隙間が空いているようなら、クッション材を追加するなどして調節。

newxbox360slim_oldhdd_swap-6.JPG

電源を入れて動作確認。

ウォッケィ!!