Nintendo Switchに7インチ有機EL搭載モデル、従来モデルからどう変わった?

Oled switch

有機ELディスプレイを搭載したNintendo Switchが登場。
10月8日に発売される。

価格は37,980円(税込)。
予約受付は9月下旬から。

まーた不毛な争奪戦が始まるのか・・・と、ちょっとうんざりするが。これって、“新型Switch”といってしまって良いのだろうか?

任天堂の公式表記では、有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」となっているので、噂されている新型のSwitchというわけではなさそうだ。ただ、アップデートされている部分もある。

従来のモデルからどう変わったのか?

  • ディスプレイ:6.2インチ液晶→7インチ有機EL
  • 本体保存メモリー:32GB→64GB
  • スピーカー:新しくなってよりクリアな音質
  • スタンド:角度が固定できるワイドスタンド
  • ドック:USB端子 x 2、HDMI端子、有線LAN端子を搭載
  • 価格:32,978円→37,980円

本体の大きさは変わらないが、ベゼルがスリムになったのでディスプレイサイズは0.8インチアップ。

バッテリー容量は4310mAhで、バッテリー駆動時間は4.5〜9時間となっている。

5,000円アップで有機ELディスプレイになるのは、結構お得かもしれない。

Source: 任天堂