[TV] ドグーンV放送終了、最終回のブッ飛びっぷりは必見

地球を救う西郷輝彦

先日、「古代少女隊ドグーンV」の放送が最終回を迎えました。
前作「古代少女ドグちゃん」からのキャストが一新され、最初こそ戸惑いがあったものの、ラストは前作以上にパワフルでゴージャスでアホでかなり見応えがありました。

亜紗美 登場

前半パートは亜紗美、後半パートは西郷輝彦が全部持っていった最終回。
見所は、以下の通り盛りだくさんの具だくさん。

  • ドジちゃんが可愛い
  • ドジちゃん以外のドグーンVメンバーが栄養
  • 亜紗美が美味しい役で復活
  • 西郷輝彦のぶっ飛んだ演技
  • 西郷輝彦の顔で遊ぶ制作者
  • しょうたも何故か変身
  • しょうたが土器ブラ付けて・・・

この顔でCM行ったし

前作「ドグちゃん」では、他の有名映画などのオマージュやらパロディがちりばめられていました。今作でもその傾向はありましたが、演出とストーリー展開がややマイルドになり、パワー不足な印象がありました。しかし、最終回だけは完全に前作を上回る出来で、30分の中にネタつめこみまくりのぶっ飛びまくりで、これまでの話は、この最終回のための壮大なネタ振りだったように思えるほどの内容になっていました。

(まるでタランティーノの映画みたい?)

安直に他作品をパロディするのではなく、自分でネタ振りをしておいてからのパロディ。これはもはや、関西ローカルのド深夜B級ジャンクドラマの枠を越えた作品といっても過言ではありません。

未見の人も、機会があれば見るべし。

元々、ドグちゃんをやってた亜紗美。
そのままのキャラでマグちゃんとして出演。