新型PS4「PS4K」のコードネームは“ネオ”、スペックも明らかに?

4Kの映像出力に対応する、新型PS4「PS4K」についての新しい噂が出ています。

開発中のコードネームは“NEO”。
「PS VR」のコードネームが“モーフィアス”だったのに掛けて、映画「マトリックス」からとったものでしょうか?脇役のモーフィアスと主役のネオ、良くできています。

情報元では、スペックについても言及されていて、以下のようなものになるそうです。

PS4K Neo

CPUコア数やRAM容量はそのままですが若干クロックアップ、GPUについては18 CUsから36 CUsになり、クロック数も800MHzから911MHzにアップしています。

CPUとGPUは、やはり14nm FinFETになるようです。

また、「PS4K(NEO)」は現行「PS4」との互換性を持っていると言う事で、あくまで4K映像出力になるだけでゲーム的な進化は無さそう。異なるスペックで同じゲームをプレイする、まるでPCゲームのそれと同じ状況ですが、世界的なマーケットを見るともはやPCゲームの方がコンシューマーより上になっているので、これからはこういった流れもしばしば発生するようになるのかもしれません。

Source: Giant Bomb