4K/HDR対応で40%小型化の「Xbox One S」11/24より発売、ソフト同梱で37,778円

XboxOneS JP 01

日本での発売を年内に予定していた「Xbox One S」の発売日が11/24になることが発表され、予約受け付けがスタートしています。

価格は37,778円(税込み)で、Halo Collection(Halo TMCC、Halo 5)が同梱されます。

「Xbox One S」の主な特長は、4K UHD Blu-ray、4K ビデオ ストリーミング、 HDR対応、電源内蔵でXbox Oneより40%も小型化、1TBストレージ、新設計のBluetoothコントローラー(Windows 10などでも使用可能)など。

XboxOneS JP 02

Xbox One S 同梱物

  • Xbox One S (ハードディスク1TB)
  • Halo: The Master Chief Collection (ダウンロードコード)
  • Halo 5 (パッケージソフト)
  • Xbox One ワイヤレスコントローラー(Bluetooth 対応 最新バージョン)
  • Xbox Live ゴールドメンバーシップ 14日間体験版
  • ハイスピードHDMIケーブル

マシンスペックとしては「PS4 Pro」よりも頭一つ上。
ただ、4K TVやモニターではない環境なら、値下げされた通常の「Xbox One」でもいいと思います。 (これは「PS4」にもいえることですが)

  • Ultra HD Blu-Rayディスクや4Kビデオストリーミング再生に対応
  • 豊かな色彩と陰影表現を可能にするHDRカラーサポート
  • 従来のXbox Oneから体積比40%減の小型化。電源ユニットを本体に内蔵
  • コントローラーはBuetoothを搭載した最新バージョンを同梱
  • すべてのXbox Oneゲーム、周辺機器が利用可能 (Xbox One Kinectセンサーを接続する場合は別途アダプターが必要です)