日本での「スーファミミニ」は10月5日発売、コントローラーはオリジナルの大きさ

SFC mini 01

SNES Classic Editionの日本版となる「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」も正式発表されました。発売は海外よりも少し遅れて10月5日。価格は7,980円(税別)。

コントローラーはオリジナルと同じ大きさで端子で着脱するタイプ。端子は独自端子ですが、恐らくUSBなので、改造すればUSBで色々できそう?

続きを読む →

海外版スーファミミニ「SNES Classic」、21タイトル収録/パッド2個/80ドル/9月29日発売

SNES ClassicEdition 04

ニンテンドーオブアメリカより、「SNES Classic Edition」が正式発表されました。
発売日は9月29日で、価格は79.99ドル

コントローラー2個付きで、収録タイトルは「マリオワールド」「マリオカート」「F-ZERO」「スターフォックス」「スターフォックス2」「ストIIターボ」「魂斗羅スピリッツ」「聖剣伝説2」「FF4」など名作ぞろい。

続きを読む →

任天堂とSONYが共同開発した「PlayStation試作機」をおっさんが修理

NintendoPlaystation Sisakuki 03

ゲーム業界が最もバブルだった時代。
任天堂の次世代ゲーム機はSONYと共同開発されていました。

開発初期の「PlayStation」がそれになります。
スーファミベースにCD-ROMが搭載されたというよくわからんゲームハードで、そのまま発売されなくて良かったなーという感じですが、その試作機を入手して修理したYouTuberが出ました。

続きを読む →

完全にスケルトンの海外版スーファミMod「The SNES Re-imagined」

SNES ModConsole 01

海外版のスーファミ「SNES」の外装を、透明のアクリル板で再構築したMod「The SNES Re-imagined」。

内部の基板などは陽極酸化アルミニウムで覆われて、文字類はレーザーエッチングで彫られています。SNES本体よりも「スーパーマリオワールド」のカードリッジの方がなんかそそりますね。コレがホントのスケルトン!みたいな。

続きを読む →