「Nintendo Switch」のCPUはTegra X1と同等、RAMはLPDDR4 2GB、バッテリー交換は容易

NintendoSwitch bunkainakami 02

Nintendo Switch」の分解レポートが、iFixitに掲載されています。
ハードウェアの設計としては、分解修理がかなりし易いように設計されていて、ここ最近発売されるスマートフォンやタブレットの類に見られる“使い捨て前提の設計”と比べると、かなり良心的であるといえます。

バッテリーは簡単に交換できるので、数年後のヘタりは一切心配しなくても良さそうです。

CPUはTegra X1と同等のNVIDIA製 ODNX02-A2、RAMはSamsung製 LPDDR4 2GB、フラッシュストレージはToshiba製 eMMC NAND Flashが使用されています。

まあスペックに関しては、任天堂ハードは常に2歩くらい遅れているので、今更あーだこーだいうのはナンセンスでしょう。

NintendoSwitch bunkainakami 01

  • バッテリー:4310mAh 3.7V
  • フラッシュ:Toshiba製 32GB eMMC NAND Flash
  • CPU:NVIDIA製 ODNX02-A2
  • RAM:Samsung製 2GB LPDDR4 DRAM (x2)
  • Broadcom BCM4356 802.11ac 2×2 + Bluetooth 4.1 SoC
  • Maxim Integrated MAX77621AEWI+T three phase buck regulator (x2)
  • M92T36 630380

Source: Nintendo Switch Teardown – iFixit