Xbox One/Xbox 360用「Goat Simulator」が4月発売

2014年4月にSteamで配信されるや否や、数々の模倣ゲームが続々登場する人気タイトルとなった「Goat Simulator」が、Xbox One / Xbox 360用タイトルとして4月に発売されることが発表されました。

「Goat Simulator」は、物理エンジンでリアルにシミュレートされたヤギを操作するだけのゲーム。人をフッ飛ばしたり町を破壊したりすることができるだけで、基本的には糞ゲーです。では、なぜここまで人気になったのかというと、いわゆる収益化が行えるという点。

「マインクラフト」と同じくゲームプレイ動画をYouTubeに公開して広告を掲載することを開発元が許可しており、またネタプレイに適した糞ゲーということで、YouTubeの広告料目当てに実況プレイやゲームプレイ動画をアップするユーザーが爆発的に増えたという経緯があります。

ただ旬は完全に過ぎており、今さら、しかもコンシューマー機で発売したところでそんなに売れないだろう・・・っていう感じはします。